TYTNSフォワード結果(4/1~4/30)

こんにちは稲荷です。

4月のTYTNSフォワード結果になります

 

 

1月、2月、3月とプラス利益で終えてきました。

4月の結果も見ていきましょう。

 

 

フォワード結果

 

MODE1

エントリー : 779/1332

勝率 : 58.48%

利益 : ¥545,750

※ 5000円BETをした場合の利益です
※ ペイアウト1.85で計算しています
※ MODE1の全シグナルの集計結果になります

 

 

MODE2

エントリー : 400/643

勝率 : 62.21%

利益 : ¥485,000

※ 5000円BETをした場合の利益です
※ ペイアウト1.85で計算しています
※ MODE2の全シグナルの集計結果になります

 

 

4月も安定した勝率でプラス利益で終わることが出来ました。
2021年になってから勝率が良い状態になっており、特に4月は良い結果でした。

1月のブログに書いた通り、21年度の相場がTYTNSと合っている傾向があります。
来月も慎重な取引を心掛けつつ取り組んでも良いと思います。

 

 

また先月に購入者様からご質問がありましたので、こちらでもご共有させて頂きます。

 

Q.直近でラインを意識した負けトレードでの改善点やアドバイスがありましたらご指摘お願いします。

※通常添削は受け付けておりませんので予めご了承ください。

 

私はこのように回答しました。

こちらはラインを見るよりも相場全体の流れや波形を注意する取引だったと思います。

この画像を分析すると、上昇トレンド中に何度も高値更新を挑戦していて、そして高値更新ができずに反転。
買い注文を入れた人たちが損切りをして、それを見て売り注文を入れる人もいるため下落の勢いは大きいと予想出来ます。

実際に下落に対しての反発幅が少ないことが5本前の反発で確認できます。
そのため基本的には底を作るまでは触れない、最低でも一度目のエントリーチャンスは見逃すべきだったと思います。

相場は売買によって動くため、相場参加者の心理を考えることも重要になってきます。
そうすることによってエントリーチャンスの勢いを判断する子も可能になります。

 

ライン取引とは、自分目線でラインが引けたから反発すると考えると危険です。
自分が見えたラインで反発するのではなく、相場の参加者が意識されるラインだから反発するのです。
すなわち、自分が見えたライン=誰でも見えるライン、だから意識されて反発していたと考え直しましょう。

相場は身勝手に動いているわけではなく、相場参加者が売買することによって動きます。
そのため、相場参加者の心理を考えることは、HighLowを予想するBOでも重要になってきます。
FX目線での相場の考え方を知っているだけで、相場参加者目線で相場を見ることが可能になってきますので、ぜひ知識として入れておくことをお勧めします。

相場の動きに対して、常にwhyの気持ちをもって観察することにしましょう。

 

 

 

もし4月の収益がマイナスだった人は是非ツールを活用していただきたいです。

無裁量での損益結果ですので、この結果に裁量を加えれば上記の結果を上回るのは容易です。

 

  • 稼げていない人
  • 初心者でどうしたらいいのかわからない人
  • 勝率が不安定な人
  • バックテスト取得済みのノウハウがない人
  • その他BOをやっていて現状に満足できていない人

 

上記のような方には是非手に入れてほしいです!

BOで勝っていくには感覚なんかでは無理です。

過去相場において勝っていたという事実だけが信用できるものになります!!

 

TYTNS
商材を買って勝てなかった人,初めてツールを買う人集まれ!BO業界で1番信用があるシグナルツール!今までの常識が覆ります。

 

ご質問ご相談はご気軽にLINE@まで!

友だち追加

プログラマーの視点から有益な情報を流しております!