本口座にした途端勝てない!デモ口座で勝てて本口座で勝てない理由5選

 

「デモ口座なら勝てるのに本口座にした途端勝てない…」

「デモ口座だったら資金1,000万円まで増やせたのに…」

 

こんにちは、稲荷です。

バイナリーオプションをやったことある人なら誰でも経験したことがあることだと思いますw

 

 

今回はなぜ「デモ口座では勝てるのになぁ~」となっているのか解説していきます。

デモ口座では勝てて本口座勝てないのにはちゃんとした理由があります!

 

 

デモ口座で勝てて本口座で勝てない理由5選

本口座ではスプレットが出る

デモで勝てて本口座で勝てない大きな理由はこれです。

 

スプレッド

 

ここでのスプレッドは取引モードのスプレッドではなく、

通常15分取引で、一定の取引額が超えた場合に出るスプレッドのことです。

 

本来の数値が121.857に対して判定時刻ごとに数pipsずれているのが分かると思います。
中の判定が-2pips、右の判定が-7pipsずれています。↓↓

 

※スプレットが出るとエントリーに対して不利な方向に数pipsずれて約定することになります。

スプレッドが出ている状態でエントリーすると、

チャートでは勝ってるのにバイナリーでは負けているという状態が起きます。

個人的に一番腹立たしいですw

 

 

スプレッドはBET額によって出るのでRSIなどのオシレーターが反応するポイントは、多くのトレーダーがエントリーしているため必然的に総BET額が上がりスプレッドが出ます。

よくSNSとかで見る「ピンが浮いたっ!」現象ですね(^^)

 

またスプレッドは通貨によっても数値が異なります。

大きい通貨だと5pips以上出るのでエントリーも慎重になる必要がありますね!

エントリーポジションが5pipsずれれば勝率はかなり下がりますから…

 

つまり初心者さんが一番最初に触れるであろうRSIは30/70だけでエントリーしていると勝ち辛いのですね!

 

 

約定問題がある

 

これはある程度バイナリーオプションをやられてる方なら経験したことがあると思います。

「レートが更新された為、約定ができません。」

これが出てくる時ですね。

この仕様は本口座のみ起こります。

 

起こりやすいタイミングとして

・00秒(確定足)でのエントリー

・値動きが荒い時のエントリー

になります。

 

ただハイローはたちが悪いので…

エントリーに不利な方向に動いた際には値動きがあっても約定されてしまいますw

 

結果として本来のエントリーポイントで入れないので期待値を追いづらくなってしまいます。

 

 

資金管理

 

デモ口座では最初から100万円の口座を使用できるし、自分のお金というわけではないので資金管理などしませんが、

本口座は自分が入金した額しか使用できないし、自分のお金なので資金管理をする必要が出てきます。

 

バイナリーオプションで長期的に稼いでいくには

 

資金管理が一番重要

 

ですので、資金管理が出来ない人は必然的に負けていきます。

資金管理についてはこちらの記事で詳しく取り扱っていますので是非読んでみてください↓↓

 

 

メンタルコントロール

デモ口座と本口座での大きな違いは

 

自分のお金であるか否か

 

これは精神的にかなり影響がでます。

デモ口座ならいくら負けようと淡々とエントリーし続けることは可能であっても、本口座だとそうはいきません。

 

負ければその負けを取り返そうと熱くなって無理にエントリーしようとしたり、倍ベットしようとしたりと…

負け一直線な行動を取ってしまいます。

 

初心者さんが思っているほどメンタル管理は簡単ではなく、

ほとんどの人がお金を増やそうと思ってバイナリーオプションに参入しているので当然熱くなります。

メンタル管理についてもこの記事で扱っているので是非参考にしてみてください↓↓

 

転売機能で期待値が追えない

転売機能はハイロー側の狡猾な罠です。w

理由を聞くと、転売機能に関しては本当に業者さんは人間心理をよくわかっているなぁと関心します。

 

転売機能というのは、判定時刻前に現在持っているポジションを決済することです。

 

このように現在の値によって転売時ペイアウトは変わっていきます。

 

ポジションが負けていても0.〇〇倍で転売してBET額の数%を回収することが可能です。

逆にポジションが勝っているときはどんなにpipsを抜いていようが1.88倍になることはないです。

 

 

しかしここには大きな落とし穴があるのです….

転売機能とは、損大利小を促進化する機能なのです!!

 

転売するということは1.88倍からペイアウト倍率を下げることになります。

判定時刻に勝っていたポジションでも途中で転売してしまうことで、ペイアウト額が下がることになり結果的に本来貰うべき利益よりも小さくなります。

最後の1分で逆転勝ちなんてことも珍しくありませんからね!

 

それに対して負けるときはしっかりと資金が全部なくなりますから

期待値をどんどん下げていくことになります。

 

 

「転売を使えば負けを避けれる!」と言っている方もいますが、私は

「そもそも転売するような場所でエントリーするなっ!」

って思いますw

 

 

不利な方向に動いたときに転売で逃げたくなる気持ちも分かりますが、そこで転売してしまうと業者の思うつぼなので転売は絶対にしないようにしましょう。

”一度エントリーしたら転売はしない。”

バイナリーオプションの鉄則です。

 

 

結論 デモ口座は使う必要なし

 

最終的な結論としてデモ口座は使う必要がないと思います。

実際に取引を行う本口座と違いが大きすぎるので常に本番環境で取引を行うべきでしょう!

 

デモ口座を使うくらいなら本口座で1,000円BETをした方がいいです。

少額BETでも自分のお金ならメンタル面でも気づきがあると思います。

 

 

ただただ大前提として、

バックテストを取り、勝てることが証明されているノウハウを使用してることです。

 

これがないと本口座で打っていく意味がないです。
ただのギャンブルなので…

 

 

バックテストを取得していないノウハウでの取引はギャンブル

 

以上。(^^)/

大切なことなので大きな声で復唱してしまいましたw

 

 

バックテスト取得済みノウハウをお持ちでない方は手っ取り早くバックテスト取得済みシグナルツールを購入するか、

バックテストを取り、オリジナルノウハウを開発するかですね!

 

どちらにしろ私の方で提供しておりますので、是非ご活用ください!

TYTNS
?|?fx-on.com

※私が開発したシグナルツールです↑↑

 

バックテストのご相談はLINE@まで!

またこちらのページを参考にしてください↓↓

バックテスト代行

 

 

と宣伝をぶち込んでこの記事は終わりにさせていただきます(笑)

 

(ただ、自分のサービスにつなげたいからバックテストが大事と言ってるわけではなく、

バイナリーオプションは本当にバックテストが大切だということをわかっていただきたいから書かせていただいております。)

 

ではでは~

 

プログラマーの視点から有益な情報を流しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA