「TYTNS」フォワード結果(10/1~10/31)

 

こんにちは稲荷です。

10月のTYTNSフォワード結果になります。

 

9月はバックテスト結果に近いフォワード結果で終わることが出来て、非常に安定した月になっておりました。10月の相場とTYTNSの相性をフォワード結果と共に分析していきましょう。

 

 

フォワード結果

 

MODE1

エントリー : 711/1269

勝率 : 56.03%

利益 : ¥231,750

※ 5000円BETをした場合の利益です。
※ ペイアウト1.85で計算しています
※ MODE1の全シグナルの集計結果になります

 

9月に続き10月もプラス収支で終えることが出来ました。

9月と比べると、エントリー数,勝率,利益,全てが下がっているものの、10月単体で考えるとバックテスト結果に近い安定した結果と言えるでしょう。

実際に取引をされる際は裁量分析で負けエントリーをある程度裁くことが出来ます。そのためご覧いただいている勝率よりも高い勝率で取引が出来ます。実際に裁量取引をされている方は安定した運用が出来ている方が多いです。

このブログでは何度も出てきているワードではありますが、バイナリーオプションはエントリー数よりも勝率を意識して安定した取引を心掛けましょう。
TYTNSを使用した理想の取引はMODE1を使用しながら、裁量分析で避けれる負けを避けていくという方法です。MODE2のようにエントリー数が減り勝率が上がる形を目指しましょう。

 

MODE2

エントリー : 402/691

勝率 : 58.18%

利益 : ¥263,500

※ 5000円BETをした場合の利益です。
※ ペイアウト1.85で計算しています
※ MODE2の全シグナルの集計結果になります

 

作成意図通り、MODE1と比べてエントリー数少なく勝率が高い結果になりました。私はエントリー=リスクと考えているので、エントリー数が少なくなればなるほどリスクの少ない取引だということになります。その観点で結果を見てみると、MODE1よりもエントリー数が少なく利益を上げている10月のMODE2はとても優秀であったことになります。

先ほども書きましたように、このような結果をMODE1を使いながら裁量分析でこのような結果を出せることが理想になります。

どのように裁量分析をしていけば良いのかは付属の「裁量マニュアル」をご覧いただければ詳細に書いております!
購入者の方は何度も読んでほしいですし、最近購入された方は内容を丸暗記するほど読み込まれることを推奨します。

 

Image from Gyazo

実際の「裁量マニュアル」の一部です。
このような内容をより詳細に記載しております。

 

裁量分析について質問等ありましたら、LINE@からご連絡いただければお返事できますので、ご気軽にご連絡お願いします。

 

 

もし10月の収益がマイナスだった人は是非ツールを活用していただきたいです。

無裁量での損益結果ですので、この結果に裁量を加えれば上記の結果を上回るのは容易です。

 

  • 稼げていない人
  • 初心者でどうしたらいいのかわからない人
  • 勝率が不安定な人
  • バックテスト取得済みのノウハウがない人
  • その他BOをやっていて現状に満足できていない人

 

上記のような方には是非手に入れてほしいです!

BOで勝っていくには感覚なんかでは無理です。

過去相場において勝っていたという事実だけが信用できるものになります!!

 

TYTNS
商材を買って勝てなかった人,初めてツールを買う人集まれ!BO業界で1番信用があるシグナルツール!今までの常識が覆ります。

 

ご質問ご相談はご気軽にLINE@まで!

友だち追加

プログラマーの視点から有益な情報を流しております!