【必読】バイナリーオプションでの勝率とエントリー回数のお話

こんにちは、稲荷です。

 

最近は、

バイナリーオプションのノウハウ開発であったり、

バックテストを代行していたり、

取引したりと少しあわただしい時期を超えてやっとこうやって記事を書けていますw

 

 

さて、今回はバイナリーオプションにおける

 

勝率とエントリー回数のお話

 

です。

 

ご自身でバックテスト取ったりしてる人は参考にしてほしいし、

そうでない人もご自身のノウハウに当てはめて読んでほしいです。

 

 

自分のノウハウの勝率をエントリー回数理解していますか?

 

まず初めになのですが、

 

「普段エントリーしているノウハウを理解していますか?」

 

自分のエントリー水準はしっかりとありますか?

例えば

 

RSI 期間14 

数値70を超えたら 

5分足確定足(00秒)でLowエントリー 

判定時間 5分後

 

RSIのエントリーを簡略的に書いてもこのような感じです。

まずは自分のエントリーがここまで定義できているのか確認してみてください!

 

出来ていない場合はLINEくださいw

全然相談乗りますよ(笑)

 

 

はい、話を戻しますね。

上記のように自身のノウハウがきちんと定義されていれば

バックテストが取れるので

 

ノウハウの勝率とエントリー回数が分かります。

これめっちゃ重要な事です。

 

 

というか、バックテストを取りまくっている身からすると、

自分のノウハウの勝率やエントリー回数その他もろもろ知らないで

 

「よくバイナリーオプションやってるなぁ~」

 

って思っちゃいますw

 

まぁ僕も最初バイナリーに触れたときはネットの情報鵜呑みマンだったので焦る必要はないですw

※バリバンタッチしたーーエントリーーーーってやってましたw

 

これから知識をつけていけばオッケイです!

 

 

バイナリーオプションで高勝率を出すには

 

では、みなさん考えてみてください。

「ダーツで真ん中に当てようとするときどうしますか?」

 

当たり前ですが、

しっかり慎重に狙いますよね??

 

 

バイナリーオプションも同じです。

高い勝率を出そうとすると、しっかり慎重に勝てるポイントだけにエントリーすることになります。

 

そうすると必然的にエントリー回数は減ります。

 

例えば上記したRSIの基準でエントリーするとします。

下2つのが画像は両方ともエントリーポイントになりますよね!

 

 

 

 

ただここで理解してほしいことは

 

同じRSIにしても①と②のポイントでは勝率が異なります。

 

そこで勝率が高いほうだけ狙って取っていくと、片方はエントリーしないことになります。

そのようにしてエントリーを削って勝率を上げていくのです。

 

 

上記の画像で②が勝率が高いとすると、

このような制御ができます↓↓

 

・前足が陰線の場合エントリーしない

・直近のロウソク足の出来高がない場合はエントリーしない

 

これだけ制御しただけでもエントリー回数はかなり削れます。

しかしそれで勝率が低いエントリーを取り除けるならいい事ですよね!

 

 

このようにして勝率の高いノウハウを作っていきます!

つまり勝率が高い人がエントリー回数が少ないのは必然的だったんですね!

 

 

まとめ

 

では、最後に初心者さんが取るべき行動をまとめておきます!

 

①自分が使用しているノウハウを理解する
ロジックの解明ですね!
(ない場合、わからない場合は私に連絡してくださいw)

 

②勝率の高いポイントを見つける
これはバックテストを取る必要があります。
勝ってるポイントの共通点を探して検証してを繰り返す一番大変な関門です。

 

③実際に使って本当に稼げるのか試してみる
本番環境で勝ててるのか確認です!
裁量要素を加えて勝率を上げましょう!

 

 

詳細に書いたらもっとありますが、大まか流れとしてはこのような感じです!

 

勝てるようになるまでに楽な道はなくて

地道に検証してどのような場面だったら勝率はどれくらいかってことを理解していかないといけないです。

本当に大変です( 一一)

 

 

ただここで朗報

「楽な道はなくても、近道はあります!」

 

①②③全てをすっ飛ばしてバイナリーオプションを始めることができます。

その方法とは

 

 

………..

 

 

 

私が販売しているシグナルツールを使うことです。(笑)

ノウハウ検証済み、バックテスト取得済み、実際の相場での使い方

すべてがそろっています!!

TYTNS
?|?fx-on.com

 

と、最後の最後にぶっこみましたwww

ただ自分で全部やるのは本当に本当に大変で時間がかかることなので、よかったら使ってみてください!

 

ではでは~

 

プログラマーの視点から有益な情報を流しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA